2012年07月31日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます!7月31日火曜日の朝です。
昨日は、仕事とはいえ【福岡⇒大分道経由・宇佐市⇒中津市⇒小倉南区⇒小倉北区⇒福岡】と北九州一周の長旅でありました。

コンビニの おにぎりがお昼とは あまりにでございます お代官様

空腹を我慢出来ずに博多駅にて 黒豚一二三 オイスターバーハシゴする

空転 くーてん 食てんか!

☆今日は何の日?気になる日!

毎週火曜日は、博多駅阪急のデパチカ⇒寿司コーナーフジケンの寿司!【84円】の日なのです。

美味い安い!それからわたしに限り、持ち込みオッケーなのですからナオサラニうれしいのでありんした。
そこで!
☆フジケン8×4のご案内です⇒本日7/31 18:30 博多駅阪急地下⇒寿司コーナー・フジケンにて、【寿司とワインと日本酒で】を開催します。

会費⇒1000円+寿司代金

岡本までご連絡くださいませ。
席数に限りがありますのでお早めに!
posted by SGF岡本 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月30日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
7月30日の朝です。連日の猛暑で、熱中症による死亡の記事が出ています。

地球温暖化は、じわりじわり我々地球人を追い詰めています。体温を超えた日中の気温は生物化学兵器並の人を死にいたらしめる力があります。
無理を決してなさらぬように。

☆ちとちとち倶楽部お酒の会のお知らせ!

☆8月7日火曜日の6時から、福岡市博多区神屋町の八千代丸にて開催いたします。

今回は、西南大学研究生の野間様の講演を前半30分予定しています。内容は【フェイスブックを活用しての新たなる営業展開】です。
posted by SGF岡本 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ちとちとち倶楽部通信


7月28日

7/28土曜日の10時に無事に聖マリアン病院を卒業しました、母親岡本文子の退院パーティーを我が家でして開催いたしました。
発案者は村山要叔父であります。酒が飲める酒が飲めるぞ、退院したら酒がうまいぞみたいなものでありますか。
母親の大好きな刺身が食卓に並びます。
サーモン、クロダイ⇒長崎、真鯛、キビナゴ⇒阿久根、地タコ⇒大分、ヒラメ・ヒラメのえんがわ、メカブ、クラゲ、アラの胃袋・キモ等など、どれも美味いのでした。
愛でたし!

7月29日

7/29日曜日は【祭鳥栖】でして、鳥栖セントラルパークは大賑わいでした。
我々は【酔華伝道肥前鹿島】を持参しての登場です。通りがかりの旧友を巻き込み大宴会のハジマリハジマリ。
北島食品の【寄せ豆腐】と【酔華伝道肥前鹿島】の相性は抜群に良く、参加者全員満足の様子でした。

写真撮影会も開催されまして【ヒロヒロ】もご満悦でした。

大宴会の場所で、北島食品の将来をテーマにディスカッションが行われました。決定事項は、
☆北島豆腐⇒手作り豆腐の作り方教室の開催。です。
後継者を育てることが最大の目的ですが、豆腐に興味を持ってくださる方が一人でも増えればとの思いもあります。

日程等につきましては、近日中にお知らせいたします。
posted by SGF岡本 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月27日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。7月27日金曜日の朝です。

昨日は、仕事で天草に行きました。博多駅から熊本駅まで新幹線にて移動するのですが、あまりに早い新幹線ですね!

熊本から車で2時間で天草松島に到着です。

天草松島のお客様は、今大ブレイク中の【イルカウオッチング】【天草シークルーズ】を運営する会社と、【天草杉割り箸】を製造されている会社です。

今日は【天草杉割り箸】のお話です。⇒割り箸の国内市場は約500億円!その97%を中国で製造しているのをご存知ですか?

中国製造の割り箸の状況といえば。

中国政府所有の山から木を切り出すための入札を勝ち取り、切り出し、製造し、港まで運び出し、船に積み日本に送り出す作業をしまして一膳1円也。

作業工程では、漂白するために過酸化水素水に付け込む作業があります。口にする割り箸ですから、かなり危険性が高いように思えてなりません。

言いたい事は、割り箸を製造するために、わざわざ山から木を切り出す事は愚かなこと。

もう一つは、わざわざ割り箸を漂白する危険性です。
天草杉割り箸制作責任者でもあられます社長は、製材会社を経営されています。丸い木材を柱にするわけなので端材に着目されました。端材を原料に【天草杉割り箸】は作られますから、原料費用ゼロであり端材活用はエコロジーでもあります。今日本に一番必要な商品【天草杉割り箸】ですね!
価格は一膳2円ですから、安全安心・高品質を考えれば最高のお買い物ではないでしょうか!
posted by SGF岡本 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月25日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます!
7月25日水曜日の朝です。今日も暑い一日になる予感です。
節電の夏 フライパンで飯を炊く 父親とわたしの朝のひと時

今朝の出来事!

父親が裸んぼうで呆然としてテレビの前にいるのであります。いつものように、【おしっこもらし】なのです。
わたしは父親を風呂場に連れて行きます。

シャンプー&アロエベラリンス、背中流しは、白米糠なんです。そして、アロエベラ髭剃りタイムは父親の大好きな時間です。

わずかばかりの時間で、父親はご機嫌になりました。
さぁ朝ごはんなのですよ。フライパンからは美味しい匂いが部屋中に。

至福の時間が流れます。

介護⇒していただいた方への恩返しですね!
父親の背中流し、髭剃りは楽しいのであります。

段取り良く生きれば、早起きの必要もありません。

お金のやり取りで済ませる世の中です。お金では、何も解決出来ないのが世の中の様々なる難題。

問題解決は、人の心と心得る。
posted by SGF岡本 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月24日

ちとちとち倶楽部通信

ようやく梅雨が明けました。体温を上回る暑い夏の雰囲気になってきました。

おはようございます!
7/24火曜日の朝です。天気予報では、35度を予想しています。

父親と朝食をとる毎日です。佐世保市三川内の坂本さん自慢の【ひのひかり】が届きました。

もちろん朝からパエリアです。
ただし、今朝はうちの卵かけパエリアなのです。

二人して額に汗をかきながら、美味しいね!笑顔がかわいい父親です。

暑い夏 避ける場所など
考えずパエリア食べろ
良い汗ヒショヒショ

パエリアを朝から食べて元気になりましょう!

☆ニンジン☆タマネギ☆ジャガ芋

これが今朝のパエリアの具材です。

天草の海からの贈り物⇒塩これが決め手だよ!
posted by SGF岡本 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月22日

ちとちとち倶楽部通信

原口税理士ゴルフコンペからのお知らせ。

7/21土曜日に開催いたしました【第二回原口税理士ゴルフコンペ】は、スタート2ホール目、カミナリによるプレー見合わせというアクシデントで延期になりました。
大勢の参加の皆様方には大変ご迷惑をおかけしましたこと心よりお詫び申し上げます。
posted by SGF岡本 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月20日

ちとちとち倶楽部通信

DVC00008.jpgおはようございます!
7/20金曜日の朝です。夜明け前の豪雨に、父親は雄叫びをあげます。さように阿鼻叫喚の我が家でして、比して、通勤時の居眠り組ののんきさに、思わずほほ笑むわたしです。

7/17仕事で有田の某窯元を訪ねました。写真参照。

約2時間程度会話しましたが、印象的な事は、「輸出ゼロ」の話でした。

あのカキエモンがです。

私達は、日本酒をソウルにわずかばかりですが輸出しました。それは、日本酒の輸出というよりも「日本文化の輸出」だったんだと気づかされました。

つまり、韓国人や中国人には、政治的には日本に嫌悪感を持っている人がいますが、いっぽうで、日本文化に対しては、「クールジャパン」⇒日本文化への憧れがあるように思えます。

結論としましては、商材をピンで売る事は、大変困難さを伴いますが、日本文化パッケージ化すれば通用すると思えますが如何なるものでありますか。

マグロの赤身を純米酒で飲む。酒器は真っ白な極薄の盃で。
この光景をソウルで体験する日はまもなくかもしれません。

7/28 ソウルの高級日本居酒屋「ユバ」⇒儒場と書くようです。
にて、【酔華伝道北九州】が登場します。
当日は、極東海運の西尾さんが訪問される予定です。また、西日本新聞のソウル支局の取材も予定されています。

地域住民とは、国内外問わず。
民の力を侮るナカレ!
posted by SGF岡本 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月19日

ちとちとち倶楽部通信

ちとちとち倶楽部は、地域と地域の民と民が知恵を出し合いながら、血の通いあう場所づくり人づくりの実現を目指す倶楽部です。

セカンドライフについて考える⇒
☆セカンドライフは、定年をした60歳以降のリタイメント人生の生き方と認識すると・・!

国の公的年金問題⇒60歳無年金問題『2013年問題』により、サラリーマンの定年制度は見直されかならずや65歳となります。

それは、ほとんどが定年が延長ではなく、再雇用です。故に賃金はきわめて安いのであります。

セカンドライフは60歳から65歳とすべきではないでしょうか。エンディングライフの前に、難易度の高いセカンドライフがあるとの認識をもつべきです。

現代人と江戸時代を考える⇒
現代人に江戸時代の素晴らしいシステム、【隠居】はないのであります。なぜならば、老人の隠居などないのです。 隠居とは、55歳くらいが良いところではないでしょうか。
隠居とは、後継者に道を譲り、後継者が行き詰まる時にはアドバイスをおくる人であります。わすがばかりの隠居年金を貰っていたようです。

現代は老人と若者たる後継者との職場争い賃金争いをしている状態であります。
民主主義は高齢者には不具合な制度なのでしょうか?
高齢化と民主主義について考えてみる。

民が選んだ政治家と民が経営する企業で、政治と経済は成り立っています。

つづく
posted by SGF岡本 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月17日

ちとちとち倶楽部通信

DVC00034.jpgおはようございます。7/16火曜日の朝です。今日は佐世保出張です。みどり号に乗り込み仕事モードへの切替中です。
しかしながら、凄まじい一週間でした。
先週木曜日、熊本出張では過去に経験のない大雨に見舞われ立ち往生。

13日の金曜日は、熊本からの転勤者一郎君の歓迎会で調子に乗って、一文無しに成り下がり。

14日・15日は入院中の母親の看病と父親の介護に明け暮れる日々。
そんななかでも、雨は執拗に降り続き困ったもの。

そして、極めつけは昨日15日の海の日の出来事であります。

その日の午後4時頃、わたしは2階の部屋で寝ていました。父親の介護と母親の見舞い等々で疲れていましたから、うとうととしていたのです。
そこへ、村山要叔父がピンポンピンポンであります。やむなく起き上がり相手をするわたし。「焼酎を一杯飲ませろ」に対して、「日本酒しかないよ」ということで、まだ日が高いうちから飲み方をはじめるわたしと要叔父。珍しく父親も参加しての酒盛りなれど、父親とわたしと要叔父との酒盛りは盛り上がらずに1時間にてお開きと相成りました。

それから程なく、帰宅した要叔父から「台所の神棚のサカキが枯れていたぞ。我が家にあるから取りに来い」ということで、今にも降り出しそうな空模様の中、てくてくと要叔父の家に向かうわたし。

要叔父の家に着くと、慌てふためく要叔父。「嫁が倒れた!風呂で倒れた!」

風呂場に行くと、動けずにいる三重子おばさん。

わたしは119番に電話し、救急車を呼びます。要叔父は右往左往するだけ。
入れ歯をちゃんと付けていないので、何を言っているのか聞き取れない要叔父。
そんななか救急隊の三人が家に入って来まして、無事に風呂場から救急車へと運び出しました。

外は、カミナリと大雨の荒れ模様。

救急車を見送りわたしは自宅でシャワーを浴びます。
台所の神棚のサカキが枯れていたぞ。そんな所にも気配りをせよ。この言葉から始まった、要叔父右往左往風呂場事件は、おばさんの骨折で幕を下ろすのです。
神棚とレンジの上の花は、わたしの華道の真髄で活けましたので御覧くださいませ。
おっと!忘れてはいけないことがありました。

救急車に乗り込み今村病院に行っていた要叔父がタクシーでまっすぐに自宅に帰ることなく、我が家にに寄り、「日本酒を一杯飲ませろ」

大雨カミナリ怖くない
嫁のいぬまにもう一杯
嫁の恐さを思い知る

あぁ酒飲みよ 酒飲みと後ろ指指されても飲み明かせ
お粗末
posted by SGF岡本 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月13日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
7/13金曜日です。悪魔の木曜日から一夜開けた今日、天気予報では、またまた大雨を予想しています。
暖かい南風と湿った北風が前線に突入して積乱雲が作られ大雨を降らせるのだとか。過去に経験のない大雨は複合的原因にて発生するのですね。
こんなつらいことは、もう辞めにして楽しい【過去に経験のない◎◎】を作りたいものです。

◎◎に向かって複合的要素が重なりあって○○が成果として誕生する。⇒こんな成功例を作りたいものです。
アレパトClubからのお知らせです。⇒

☆沖縄県宮古島健康倶楽部からアロエベラが届きました。
⇒アロエベラ+白米糠でシャンプー&リンスをすれば髪の毛が黒々となる、保湿力がある、ハリが出た、などなどの事例が届いているアロエベラ+白米糠は、健康・美容関連商品の最高のスグレモノだと信じます。
まさに、髪の毛の救世主『アロエベラ+白米糠』です。
白米糠⇒一` 300円
アロエベラ⇒一枚 500円

これだけあれば、シャンプー&リンス、ボディシャンプー、歯磨き粉、シェービングクリーム、アフターシェービングクリームが不要なのです。

また、朝食はアロエベラだけで大丈夫なのです。
白米糠の団子汁も美味いのであります。

アレパトの奇跡⇒バカバカしいことを真っ白い気持ちで真面目にやれば奇跡は起こること。

消費税が上がり、年金受給開始年齢は遅くなってしまう世の中です。不平不満は弱者の戯言と一蹴される近未来は簡単に想像されるのであります。

高齢化と民主主義は相容れないことを忘れてはいけません。

国と民は一体など思うことナカレ!

金を持った国民の生活が第一!なのです。

生活のリスクマネージメントをすることの重要さを感じましょう!

美意識を理念においた生き方をすることが大切だよと誰かが言っています。

美しく生きましょう!
アレパトClubからのお知らせでした。
posted by SGF岡本 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月12日

ちとちとち倶楽部通信

過去に経験のない大雨に見舞われた熊本地方。
わたしは熊本出張しています。
熊本ファミリー銀行支店研修会は、15名の参加者の内悲しいかな3名の方に寝られてしまいました。未熟な自分自身に激励の意味を込めて、新幹線ホームでキリンラガーを呑んでました。
熊本駅到着、18:00。しかしながら新幹線は来ない。いくら呼んでも。雨は降る貴女は来ない。

やむなくビールを口にしたのでした。

それにしても、過去に経験のない大雨は凄まじいのであります。

熊本市内を流れます白川は22年ぶりの氾濫になったのです。
阿蘇山で降った大雨はカルデラ総てを水浸しにしたのです。

運転を中止していました新幹線は、ようやく19:02さくら号から再開になったのです。

今わたしはさくら号に乗って久留米駅に向かっています。

熊本での飲み会をキャンセルして、父親のいる鳥栖に向かっているのであります。
posted by SGF岡本 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月11日

ちとちとち倶楽部通信

佐世保出張の帰りです。早岐駅発18:01分に、わずか 2分遅れまして、悲しく各駅停車鳥栖行きに乗っています。
今、三間坂駅で行き合いの電車を待っているのです。佐世保線は単線なのです。
外は雨 雲が山をすっぽり覆い隠し ガラス窓は雨粒の縦縞模様

武雄温泉駅では女学生が乗り込みました。

女学生は雨音よりも賑やかでして 心細かったわたしはホッとっと

まもなく北方駅に着きますってアナウンスがありました。北方謙三の生まれ故郷なのですね

北方 大町 肥前山口で食べて見たいねちゃんぽんを

長崎チャンポンは海鮮チャンポンなのですが 北方ちゃんぽんは野菜ちゃんぽんなのですね

チャンポンからちゃんぽんになってラーメンに変化していく麺ロード

肥前山口駅は、長崎線と佐世保線の合流駅でして、ここでわたしは乗り換えます
カモメ号に乗り込みます

だけど、すぐには来ないので 駅のホームで濡れネズミ

やれやれやれやれ 何時になったら着くのやら
posted by SGF岡本 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月10日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。7/10火曜日、梅雨が明けたかのような爽やか色の空に感謝申し上げたい朝です。

本日のイベント企画から。
*焼酎グルメファンド⇒7月定例会が開催されます。

・八千代丸⇒神屋町2-1
・18:30-21:00

酔華伝道肥前鹿島 北九州の飲み比べでは日本酒の美味さに感動ものかも。

天の鶴群 原酒が久々に登場します。

今回から、ワインもお出しします。

焼酎グルメファンド⇒焼酎・日本酒・ワイン、それでも焼酎グルメファンドです。

@アレパトClubからのお知らせです⇒白米糠+アロエベラでシャンプー&リンスをした手島さんと岡本父親は、あんなに白かった髪が黒々となったことで、アレパトClubに入会なさいました。
アレパトの奇跡⇒バカバカしいことを真っ白い気持ちで真面目にやれば奇跡は起こること。

岡本氏は、シャンプー&リンス、ボディシャンプー、歯磨き粉、シェービングクリーム、アフターシェービングクリーム、整髪料を一切使わない生活を送っています。

すべて、白米糠+アロエベラでこなす岡本氏は言っています。

アロエ入りシャンプーよりもアロエベラそのまんま。コメヌカ石鹸よりも白米糠そのまんまが良いに決まってますと。

これから暑い夏になります。体臭が気になる方に⇒白米糠+アロエベラで乗り切りませんか。
アロエベラで歯磨きすれば口臭が消えることは証明されています。
殺菌作用が強いアロエベラを食べて磨いて爽やかな夏。
以上、アレパトClubからのお知らせでした。
posted by SGF岡本 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月07日

ちとちとち倶楽部通信

DVC00011.jpgDVC00013.jpgDVC00012.jpg7/7七夕の土曜日です。父親と叔父さんとで、入院中の母親の見舞いに行きました。患部からの出血で貧血をおこしていた母親は、輸血三本でようやく危機脱出しました。

なんとか聖マリア病院を7/14辺りには退院し鳥栖市原田医院にリハビリ転院出来そうな状況になりました。感謝!

ということで、退院の時には、梅雨が明け強い陽射しが予想されるので、オシャレな帽子をお友達にプレゼント頂きました。
ありがとうございます!

嬉しく笑う母親を見て 父親も負けじと笑う

笑ったり泣いたりしながら生きてるを実感する。
posted by SGF岡本 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月06日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。7/6金曜日の朝です。異常梅雨の今年ですが、今日も筑紫山地は、危険な雲行きで、壊れ物に触ればすぐにでも、大雨になりそうなのです。
明るいニュース聞くこと無し いつかしら辿ってきた道かしら!
栄枯盛衰、宴の始末が今ようやくにして始まったのか?
いつのツケを払うのですか?
誰のツケを払うのですか?
こうした言葉も、もう終わりに致しましょう!

さぁ元気になって前へ前へ歩き続けましょう。

☆ちとちとち倶楽部 アレパトClub⇒バカバカしいことを真面目にやれば、非常識がある日突然、常識になりそうな気がして人体実験を行っているClubです。

今朝早く、91歳の父親の顔剃りをしました。真っ白い無精髭にアロエベラを塗り込みます。父親はドロドロとしたアロエベラに思わず笑顔を見せます。「ヌルヌルしとるね」。
次に、ヒゲソリを顔にあてます。なめらかにスムージーにカミソリはヒゲを剃っていきます。「横も剃って」のリクエストに応えるわたくしは、モミアゲを揃えてあげます。左右不揃いにすれば、あっという間に可愛いおじいちゃんの出来上がりです。

朝の通勤時間は忙しく 朝食はアロエベラ10a だけど父親のヒゲソリは別時間ゆっくりゆったり剃るのです。怖かった父親が優しい父親になるのを少しでも長く見ていたいから。

国と民は一体などと思うことナカレ

身近なる 日々があり仲間がいる バカバカしいことを真っ白い気持ちでやってみよう 何かしらバランスの良い自分自身に気づくかもしれない。
posted by SGF岡本 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月04日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。7/4九州北部に大雨を降らせた梅雨前線は、いまだ停滞して不気味な朝の通勤時間です。

植えられたばかりの稲の苗も、些か悲鳴を上げているように見えます。

何かしらバランス崩れ
虚ろなる 梅雨空に ああ過ぎたるぞ

胆嚢を全摘出手術しました母親を見舞いに行った父親に、母親は、『見舞いはいらない、お家にお帰り』と。

いつまでもあるはずもない夫の力
日頃の報い ここに極まり
母親が入院して、11日経ちました。今朝の岡本家の食事は、わたくしはアロエベラと水。父親には昨夜のみそ汁に昨夜のご飯を入れ、抜群に美味いアゴツユで味付けされた、平成みそオジヤです。
日々バナナから、かなりの進歩に驚きこそあれ

綱引き打法を編み出したわたくしは、スイングの早さに腰がついていけずに、肉離れをおこしました。

7/21開催の原口税理士事務所ゴルフコンペまでには完治せねばと整骨院通い。
酔華伝道肥前鹿島がいよいよ発売開始となりました。
検査にふるい落とされた兵庫県産山田錦を原料とした酔華伝道肥前鹿島は、佐賀県の【もったいなか精神】の真髄ですね!

一升瓶6本⇒12000円
720_12本⇒12000円

純米酒と名乗れない米だけの酒、酔華伝道肥前鹿島はあなたのお酒の歴史を塗りかえるかもしれない。
posted by SGF岡本 at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月03日

ちとちとち倶楽部通信

ちとちとち倶楽部は、地域と地域の民と民が知恵を出し合い、血の通い会う場所づくり人づくりを実現する目的でつくられた倶楽部です。

ちとちとち倶楽部には、
下記の倶楽部Clubがあります。

☆宮古島健康倶楽部⇒宮古島の農家の皆様方からミネラルたっぷりの雲南百薬、アロエベラ、島ラッキョ、島オクラ、マンゴーなどを毎週送っていただき我々は元気と健康になる。お返しに、毎年必ず宮古島健康倶楽部ツアーを開催する、地域交流倶楽部です。

☆アレパトClub⇒アロエベラと白米糠とニガリで日常生活を快適に過ごすClubです。
アレキサンダー大王がマケドニア遠征にアロエベラを兵士の傷を治す目的で、またクレオパトラが美容を目的に手放さなかったという、言い伝えから、アレパトClubと名付けました。現在、岡本氏他数名が人体実験中です。
人体実験の成果として、アロエベラ+白米糠=抜け毛、痒み、白髪染め効果が確認されました。
また、歯磨き粉としてアロエベラを一ヶ月使用してみた成果として、ハグキが見違えるほどに、引き締まって鮮やか色になりました。
またまた、シェービングクリームとしてアロエベラを使用してみた成果として、なめらかさ日本一を獲得、更にアフターシェービングクリームが要らないほどに保湿感があり、しっとりうっとりな心地になることも報告書に記載されています。

☆SGF焼酎グルメファンド⇒団塊世代にその石の下世代のセカンドライフを愉しく過ごす倶楽部は、毎月第二火曜日の18:30、福岡市博多区神屋町の八千代丸にと定例会で盛り上がっています。

☆ちとちとち北島豆腐店⇒福岡県うきは市の大豆と天草の天然ニガリのみでつくる鳥栖市本町の北島豆腐店は、ちとちとち倶楽部の本拠地です。
生湯葉、胡麻とうふ、ごとうふ、など北島豆腐ならではの、手づくりを実感すること間違い無しですので、是非お立ち寄りください。

☆ちとちとちお酒研究所⇒日本酒をこよなく愛するメンバーによる研究所では、海外に通用する日本酒の企画推進プロジェクトチームを結成しています。
地域住民が力を合わせれば、かならず成功するとの信念で、素晴らしい日本酒を世に問うております。

このように、ちとちとち倶楽部は、地域住民の知恵を武器に、ナショナルブランドに対抗しています。

近い将来起こりうる様々な出来事に、びくともしない地域づくりは地域単独ではなし得ません。
ちとちとちの精神で、この苦難をチャンスにしましょう。
posted by SGF岡本 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ちとちとち倶楽部通信

ちとちとち倶楽部は、地域と地域の民と民が知恵を出し合い、血の通い会う場所づくり人づくりを実現する目的でつくらるた倶楽部です。

ちとちとち倶楽部には、
下記の倶楽部Clubがあります。

☆宮古島健康倶楽部⇒宮古島の農家の皆様方からミネラルたっぷりの雲南百薬、アロエベラ、島ラッキョ、島オクラ、マンゴーなどを毎週送っていただき我々は元気と健康になる。お返しに、毎年必ず宮古島健康倶楽部ツアーを開催する内容の倶楽部です。

☆アレパトClub⇒アロエベラと白米糠とニガリで日常生活を快適に過ごすClubです。ただいま岡本氏他数名が人体実験中です。
人体実験の成果として、アロエベラ+白米糠=抜け毛、痒み、白髪染め効果が確認されました。
また、歯磨き粉としてアロエベラを一ヶ月使用してみた成果として、ハグキが見違えるほどに、引き締まって鮮やか色になりました。
またまた、シェービングクリームとしてアロエベラを使用してみた成果として、なめらかさ日本一を獲得、更にアフターシェービングクリームが要らないほどに保湿感があり、しっとりうっとりな心地になることも報告書に記載されています。

☆SGF焼酎グルメファンド⇒団塊世代にその石の下世代のセカンドライフを愉しく過ごす倶楽部も、毎月第二火曜日の18:30、福岡市博多区神屋町の八千代丸にと定例会で盛り上がっています。

☆ちとちとち北島豆腐店⇒福岡県うきは市の大臣と天草の天然ニガリのみでつくる鳥栖市本町の北島豆腐店は、ちとちとち倶楽部の本拠地のみならず、生湯葉、胡麻とうふ、ごとうふ、など北島豆腐ならではの、手づくりを実感すること間違い無しですので、是非お立ち寄りください。

☆ちとちとちお酒研究所⇒日本酒をこよなく愛するメンバーによる研究所では、海外に通用する日本酒の企画推進プロジェクトチームを結成しています。
地域住民が力を合わせれば、かならず成功するとの信念で、素晴らしい日本酒を世に問うております。

このように、ちとちとち倶楽部は、地域住民の知恵を武器に、ナショナルブランドに対抗しています。
近い将来、起こりうる様々なことに、びくともしない地域は地域単独ではなし得ません。
ちとちとちの精神で、この苦難をチャンスにしましょう。
posted by SGF岡本 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月01日

入院中の母親

DVC00004.jpg6月24日日曜日の夜8時、近くの本屋で立ち読みをし終わったわたしは、自宅に戻ると、それまでの平穏なる休日が一転するのであった。
『救急車を呼んで』の母親の声である。既に、入院の覚悟をしているのか、身支度も済ませていた。

けたたましいサイレンの音で、フランスベッドのおじさん、風呂屋のじいさんなどが心配そうに集まってくる。
岡本家の爺さんが、またしても救急車か!
過去に三度の救急車発動をやらかしている爺さんだが、今回は違う、違うのである。
よってもって、人格者の母親だから、大勢の見守る人々の雰囲気は、心配そうに集まってくれている感じなのである。

父親の場合、三度目の救急車発動時には、両手を合わせる人がいたのを忘れることは出来ない。

今回の救急車発動時の忘れられない出来事を一つ。

父親91歳、母親88歳、そしてわたしの三人暮らしの我が家で、母親が救急車発動の事態であります。
救急車に同乗してくださいと言われても困るわけです。
自分の車で、救急車の後をついていきますと言っても、緊急事態の対応が出来ないのでダメだダメだの一点張りなのです。

やむなく、父親を一人家におき、鳥栖市今村病院に連れて行くことになったのです。
今村病院でCTを撮った結果、重症ですので、聖マリア病院に移しましょう!で、写真のツーショットと、相成ったわけであります。
posted by SGF岡本 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記