2013年02月26日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
2月27日火曜日の朝です。
細い息で生を紡ぐ父に
いってきますと言う
父が旅支度をしているような 妙なる予感しながら
通勤の途上にいる

さてさて、3月のスケジュール⇒
〇3月1日⇒菊池市七条米農家と打ち合わせ→ジャック&ベティでの菊池市アンテナステーション構想の話し合い。

3月12日⇒SGF福岡定例会→八千代丸にて。

3月16日⇒山田忠文氏を偲ぶ会→広島市労働会館

3月30日⇒僕たちの観光バスに乗って→肥前鹿島酒蔵開きバスツアー→現在の動員状況は、博多ワイン会→10名、小料理屋ひろひろ→6名、福岡銀行OB会→5名SGF福岡→4名、福岡商事(株)1名。
35名を目標にがんばります。
posted by SGF岡本 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月21日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
2月21日木曜日の朝です。
鎮魂の雨水降り止む 春遠からじと 空は澄み

いったい何を守ろうとして生きているのだろう!

自己の本体を語れるか!

自我の目覚め前の自己を知るには?

自我と自己を理解すればかなりの問題解決となる
posted by SGF岡本 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月19日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
2月19日火曜日の朝です。
冷たい雨が今日も降る
雨水の季と知りつつも
春まだ遠くと感じるは

何のために
フォーククルセダーズの歌を思い出す。

昨日の博多駅二番ホームの飛び込み自殺は、テレビもラジオも新聞も報道しない。人に話し手も『迷惑なこと』で片付いてしまう。
博多駅2番ホームでは警察による現場検証が行われている
2月の冷たい雨が降る朝に君は なせ自ら命を絶ったのか

人は君の死を悼むことなどしない 今日これから先のスケジュールの都合を気にしているだけさ

生きる自由があるように 死ぬ自由もあるというのかい もしあるというならば真の自由っていったいなんなのか

人生を諦めた君はゲームオーバーしただけの負け犬なのではないのかい

なにか言いたいならば もう一度 生きておいで


歯を食いしばれない人に、手を貸してくれる人はいないのです。

諦める人と諦めた人のぎりぎりのところで何か出来ないのか!

自己の本体を語れ!

縦軸と横軸が交わるところは無!

道が見えないのかい 道はあるのかい どこに行きたいのか、わからないのかい
posted by SGF岡本 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月15日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
2月15日金曜日の朝です。
冷たい雨かと思いきや 暖かき 春はもうすぐ もうすぐだ

昨日は、天草市本渡にて熊本ファミリー銀行天草支店研修会が18:00〜19:00にありまして、帰宅は22:30でした。それから夕食を創りはじめたのです。

故に、あっという間に朝がきます。
父親が朝風呂に入っているから背中をゴシゴシとしてくださいと母が言う。

眠たい目をこすりこすり風呂を覗くと、微動だにしない父親がいるのです。

かろうじて目は空いていまして、わたしは父親の手を引き、やっとこさ立ち上げる。

気を取り戻しはじめた父親の背中をヘチマタワシでゴシゴシこする。

背中のカイカイ父の今一番辛いこと。

特製ヘチマはたかし叔父さんに作ってもらったもの。モクサクエキ(木酢液)を背中にかけてヘチマゴシゴシで痒みは消えうせ、父は御満悦なり。

朝からいろいろありまして通勤時間も気になりません。

明日は、花祭りゴルフ場で楽しいゴルフ。

今日を乗り越えがんばります。
posted by SGF岡本 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月12日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
2月12日火曜日の朝です。
本日18:30より八千代丸にて焼酎の会を開催します。よろしくお願い申しあげます。

まずお詫びと訂正です。
藍に包まれた天草の旅〜帯電から放電の旅人は、案内では5月26日としていましたが、5月19日日曜日に変更します。よろしくお願い申しあげます。

さてさて、川端商店街再生構想〜ジャック&ベティ3Rの件です。

ラウンドワン⇒スタジオ喫茶の提携予定のキーコーヒー(株)と本日連絡取り合います。
音楽担当の古村さんとは、焼酎の会で打ち合わせの予定です。
ラウンドワン・ラウンドツゥーを天草と菊池市のアンテナスペースにする構想実現のために、菊池市の渡辺商店と3月1日打ち合わせをします。

また、キリンマーケティング(株)にジャック&ベティ3R構想を調査していただきます。

ラウンドツゥーの料理人井上さんと都合があえば本日連絡取り合います。

バル大名の吉野さんとは、業務提携で合意しました。ラウンドツゥーの音楽と料理全般を担当していただきます。

これからすること!

出資金⇒500万円の調達。核となるメンバーの覚悟。各ラウンドの企画の具体化。
従業員の募集、面接、決定、教育。
リフォーム工事。

まだまだ、やらなければいけないことだらけです。
posted by SGF岡本 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月08日

ちとちとち倶楽部通信

川端商店街再生構想⇒ジャック&ベティ3R。

再生構想⇒
一人の原石を磨けば、もうひとりが輝きはじめます。そしてもうひとりと。
棄てられた場所を彼等に託せば様々なる創造が始まります。そうして街が活性化します。

発信音は人のワクワクとする心の音なのです。

ワクワクを聞きたくてコミュニケーションが生まれました。
コミュニケーションが場所を作り上げました。
たくさんの創造が街を作り上げました。

ジャック&ベティ3Rは、三部作から成り立ちます。
ラウンド1
10時〜15時⇒ジャック&ベティスタジオ喫茶

ラウンド2
18:00〜21:00⇒ジャック&ベティ食と酒と音の店

ラウンド3
21:00〜2400⇒ジャック&ベティカラオケスナック

□ラウンド1→スタジオ喫茶⇒
コンセプトは《成功を夢みてチャレンジ》
次世代のミュージシャン誕生の種まきの場としてスペースを提供します。そして成功を信じる、裏から支える人が見守る観客席のあるスタジオとします。
夜明け前から昇る眩しい太陽を見ていたい。

・キーコーヒー(株)の喫茶店企画と提携します。

・音楽スタジオ部門は古村さんと連携します。

・従業員は若者未来塾から募集します。

提供するもの

〇朝食(モーニング)⇒
菊池市七条米(ご飯)と北島豆腐の味噌汁→200円
*オプション→各50円

〇キーコーヒー⇒300円

〇ランチ⇒
豆腐定食→500円
豆腐定食+コーヒー→700円
〇貸しスタジオ⇒2時間→1000円

〇貸しピアノ→1000円

□ラウンド2 酒とグルメと音楽⇒

・コンセプトは九州の食材と若き料理人の出会い

熊本県菊池市七条米は知名度こそイマイチですが最高峰の米です。
天草には、天然の魚介類の宝庫です。

このような食材を農家、漁師から直接買い入れます。

〇提供するもの⇒

*ディナー→藍に包まれた天草(二人前)5000円

*豊後牛に引かれた旅人ひとり(二人前)5000円
posted by SGF岡本 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月07日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
2月7日木曜日です。

やはり1月は、またたくまに過ぎ去っていきました。
2月の逃げ足もきっと早いものですから、一日一日を必死に追いかけていきましょう。

さてさて、天草杉箸の話題から。

天草杉箸 藍に包まれた再回箸→あいにつつまれたさいかいはし(西海・再会・再開)

少し長いネーミングですが、どうぞ覚えてください。

藍の島天草は愛溢れる天の島 優しさに逢いたくなったら会いにおいで 都会に住む人を時折襲う虚しさを深い藍の海に静めてしまおう

藍の島天草は愛溢れるロマンの島 幸福そうな笑顔に逢いたくなったらおいで あなたの優しさをそっと受け止るなにかがきっとあるから

藍に包まれた天草杉再回箸は、天草と貴方をつなぐ絆箸です。

都会の喧噪から逃げだしたくなったら頑張らなくっていい。天草へおいでなさい。
福岡から天草へ行く《僕たちの観光バス》を毎年5月に発車します。

天草の新鮮なアワビ、サザエ、ウニ、ナマコ、ヒラメ、鯛、タコなどなど!養殖ものなどありません!

2013年の《僕たちの観光バス藍に包まれた天草へ愛を探しに行こう!》は5月26日日曜日に発車します。
定員⇒45名、料金⇒6000円

朝7時に天神日銀前を発車します。7時30分に基山サービスエリアをスタートします。天草には11時に到着予定です。まずは天草の温泉に浸かります。そして田島夫婦の天草海鮮料理と酔華伝道シリーズで大満足になってください。
松島木材センター(株)の割り箸作りツアー・(株)シークルーズのイルカウオッチングもご期待くださいませ。

続いての話題は、川端商店街再生構想⇒ジャック&ベティ3Rの話題です。

再生構想とは⇒
一人を再生すれば、その一人ともうひとりがコミュニケーションをはじめます。そしてもうひとりと。
コミュニケーションされた場所が再生すれば、人が集まります。人が集まれば、街が活性化します。

発信音は人のワクワクとする心の音なのです。

ワクワクを聞きたくてコミュニケーションが生まれました。
コミュニケーションが場所を作り上げました。
たくさんの場所が街を作り上げました。

ジャック&ベティ3Rは、三部作から成り立ちます。
ラウンド1
10時〜15時⇒ジャック&ベティスタジオ喫茶

ラウンド2
18:00〜21:00⇒ジャック&ベティ食と酒と音の店

ラウンド3
21:00〜2400⇒ジャック&ベティカラオケスナック

□スタジオ喫茶⇒
コンセプトは《成功を夢みて》
次代のミュージシャン誕生の種まきの場としてスペースを提供します。そして成功を信じる、裏から支える人が見守る観客席のあるスタジオとします。
夜明け前から昇る眩しい太陽を見ていたい。


・キーコーヒー(株)の喫茶店企画と提携します。
・音楽スタジオ部門は古村さんと連携します。

従業員は若者未来塾から募集します。
posted by SGF岡本 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月22日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
1月22日火曜日の朝です。
春を予感させるような生暖かい風が頬を撫でています。
ちとちとち倶楽部は、
地域と地域の民と民が、知恵と力を出し合い、血の通い合う「人創り・物創り・場創り」を目指す倶楽部です。

天草市の林業の皆様方と、ちとちとち会員のメンバーとが協力して、天草の環境問題を考えながら、『天草杉箸』を製造・販売していく《天草環境プロジェクト》が、いよいよスタートします。
まずはじめにイメージしてください。

森の妖精(ようせい)に会いに行こう!

森の妖精って、どんな森に住んでいるのかな?

緑つややかな木々とこもれびの中に満ちるみずみずしい空気。蝶が舞う。小鳥がさえずる。森の動物たちといっしょに、妖精たちはすきとおった美しい声で森の歌をうたう。

しかし、いま森が死にかけている。人間たちがその森の木を切り取ったあと、手入れもせずに放り出したんだ。おかげで森は荒れ放題。妖精も森の動物たちも住むところを追われ、いのちさえあやうくなってしまった。

妖精たちが森の歌をもう一度歌うには、森を手入れしないといけない。いらない木を切る間伐や木がすくすく育つための下草刈りをしなければならない。妖精たちの「助けて!」という悲痛な叫びを、きみならきっと森の中で聴くことができるだろう。

いっしょに森に妖精たちに会いに行こう。天草の森を妖精たちの歌で満ちる森にしよう。

いらない木や下枝を切り、下草を刈ろう。

森の木々が元気にすくすく育つと、山がきれいになる。山がきれいになると、動物たちの食べ物が豊かになる。すると熊さんが人の住む山里におりて来なくなるんだ。

山がきれいになると、実は天草の海がきれいになる。汚れた泥が海に流れ込まなくなるから、海藻が元気に育ち、エサになるプランクトンも増えて魚や貝がたくさん育つんだ。

生きるために食べる。山の幸も海の幸もみんな美味しくなる。

さらに、間伐した木で、「天草杉箸」を作る。木の香りは食べ物をもっと美味しくするだろう。使った割り箸は捨てずに、魚や肉を燻製にするときにいぶす材料にする。特に桜の木でいぶすととっても薫り高い燻製ができるんだ。間伐材や割り箸で炭をつくることもできるね。どんなふうに使うかは、きみ次第だ。

 妖精の住む森を豊かにすることで、山も海も、そしてきみたちのいのちもはぐくまれていく。森のいのちを守ることは、いのちが巡ること。「いのちの循環」だ。

いま、きみが必要とされている。どうか、きみの思いと力をみんなと合わせて、森の妖精たちのいのちを助けてほしい。きっと長い時間がかかるだろう。でもいつか、妖精たちの美しい歌声をいのち満ちる森できみといっしょに聴きことになるだろう! そう信じたい。

どうでしたか!
posted by SGF岡本 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月18日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます。
1月18日金曜日の朝です。昨夜の雪が田畑を薄化粧しています。

□ほんのりと薄化粧した
君いずこ ひとりベッドで何をぞ想う

・昨夜、父の入院先である鹿毛病院に行きました。 目的は、今後の対策状況確認です。

病院の凄さや恐るべし!
なんら治療をしてもいないのに、完治しているのですから。

わたしの顔を見るや、靴を履き、「帰るぞ!」なのです。

□今は夜、外は雪 なして今帰るぞなもし そう言いはなち逃げ帰る我

さてさて、話題を変えて天草ねお話を!

昨日は、仕事で天草は松島へ行ってきました。

松島木材センターの社長は素晴らしい経営者でして、約3時間講義を受け、感動して帰ってまいりました。
テーマは、地球環境問題解決のひとつとして《天草杉割り箸》を開発したが、環境とマネージメントを両立させるためには!?であります。

皆様方のイマジネーションに期待しています
posted by SGF岡本 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月15日

ちとちとち倶楽部通信

おはようございます!
三連休の後の朝です。

昨日わたしは、鳥栖市轟町の今村病院にて朝を迎えました。

夜明け前から恒例の断末魔の叫び声をあげる岡本政芳(父)に声をかけると「腹が痛い!」と宣うのです。

あまりの痛さを訴える父のに最終手段の「救急車出動」をお願いしたのであります。
そして、

医師「どこが痛いのですか?」
父「どこでんたい」

わたし「腹が痛いらしい」

医師「ここですか」と腹を押す。

父「痛くない」

医師「これじゃわかりません」

血圧測定⇒110/89
脈拍⇒82
血液検査⇒腎臓に一部異常あり 白血球⇒10000
レントゲン⇒異常無し
顔色良し

以上により、

□緊急度極めて低し最上川
□病院に見捨てられし我が父の行き場は最早空の彼方か

生老病死と言うが、現代医学では、老いて病んだことには興味がないらしい。

というわけで、自宅に連れて帰りましたとさ。
posted by SGF岡本 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記